風俗嬢のお肌の手入れ

夜のお仕事なので夜更かしは当たり前、
厚化粧必須となる職種なので肌荒れは当たり前、
そんな風俗嬢ですが肌のお手入れには気をつけたいです。
風俗嬢の肌のお手入れなんて精子を塗っていればパックになって良いのでは、
とシモネタを発言するオヤジやお客さんもいますが、
精子はたんぱく質豊富なのであながち間違ってはいません。
かといって冗談を真に受けてお客さんの精液を顔に塗る事はやめましょう。
風俗に訪れるお客さんの精子はばい菌だらけなので、
いくらたんぱく質豊富とはいえ菌による感染のリスクが多く、精神的にも辛いです。
風俗嬢の肌のお手入れ方法ですが、夜帰宅をしたらすぐに化粧を落としましょう。
肌への危機感を抱いていない若い風俗嬢がやりがちな失敗なのですが、
化粧を落とさずに眠る怠慢を続けているとすぐに肌に悪影響が出てしまいます。
眠くても疲れていても、汚れを落としてから眠りましょう。
風俗店にてお風呂に入っているから入浴はしなくてOKとしている風俗嬢であっても、
風俗店においてはお風呂で化粧を落とす事はできないはずなので、
自宅の洗面所でも良いから化粧を落としてから床に就きましょう。
厚化粧は免れないのが風俗嬢の辛いところですが、ちゃんと落とせば負担を軽減できます。
 
ネイルサロンにて煌びやかな爪先にメイクアップするのは
現代の女性として当然の身だしなみになってきていますが、
風俗嬢ですとどうでしょうか。
風俗求人にはネイル禁止とは記載されていませんが、
風俗嬢の手を見てみると爪が短く、ごてごてしていない爪先の風俗嬢ばかりです。
風俗嬢が爪を短く切り、爪にメイクアップを施せないのは職務上、仕方が無い事です。
風俗で働くと、手にてお客さんの性器を扱うのですが、
その際に性器から出る垢や精子が爪と指の間にこびりつきやすいのです。
長い爪ですと、精子のカスが簡単に爪の中に入ってしまい不衛生となってしまいます。
放置していると垢やカスが黒くなってくるので見た目もNGです。
また、アナルや性器を扱うお仕事なので、爪が長いとお客さんにも敬遠されがちです。
アナルを爪で引っかくとそこから便の細菌が入りやすくなり、病気になりがちですし、
性器を引っかいてしまうと大変な事になります。
洋服の着脱回数も多いので指で洋服を引っかいたりしがちですし、
風俗で働くならば爪が短い方が不便が少ないです。
けれどもネイルアートは明確にはNGとされていないので、
私は爪をメイクアップしたいの、という風俗嬢ならば爪を飾っていてもOKですよ。
 
 
はてなジョブなら神戸の風俗求人もりだくさん!必ずいいお店が見つかりますよ
大阪 デリヘル 求人で仕事をお探しなら未熟な人妻で稼ぎませんか
京都 風俗 求人で働くならデリヘル倶楽部がお勧め
オーシャンライフは十三 風俗 求人のサイトです
京都 風俗 アルバイトを始めるならプレジャーが良い

サブコンテンツ